法的に返金を請求する方法をお教えします。




特定商取引法第12条
により・・・

表示事項などについて、以下の2つは違法と定められています。

「著しく事実と相違する表示」
「誤認させるような表示」



また、消費者契約法第4条により・・・


利益になる点だけつげ、不利益な点をつげなかった場合は契約の取り消しができる。



早い話が、セールスレターと違うじゃないかって思ったら、この2つの法律から返金請求が可能なのです。


もし、詐欺商材にあった場合・・・

上記の2つの法律を持ち出し、対応によっては弁護士に相談すると言ってください。

これが最善策です。





1164679390.gif

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。